起訴と不起訴の違いとは?

起訴

警察官から検察に被疑者が送検されると、基礎と不起訴どちらかの決定が検察官よりなされます。起訴は原則として検察官のみに持たされた権限です。起訴が選択されれば、その性質上、社会復帰の妨げになることは間違いありません。

送検された被疑者が起訴になるか不起訴になるかは、重要な局面です。まずは起訴と不起訴について詳しく知っておきましょう。

起訴とは?

起訴とは、検察官が被疑者の処罰を裁判により決して欲しいと、裁判所へ公訴することです。公訴された被疑者は、この瞬間「被告人」へと変わります。

テレビドラマでもよく聞きますが、起訴をされれば99.9%有罪判決が下るとされており、ほぼ前科が付くと言っても過言ではありません。

つまり起訴と不起訴は、被疑者にとって今後の社会生活を送るうえでも、大きな分岐点となっています。

不起訴とは?

不起訴とは、起訴をされないこと、裁判は開かれず「被告人」にはなりません。ただし、不起訴と決まったから終了となるわけでもありません。

不起訴から再逮捕

拘束期間が最大23日間と定められていることから、この間に検察は判断をしなければいけません。

ただし、事件性が複雑になると、この期間だけでは捜査時間が足りないこともあります。

そのため、被疑者を一旦不起訴処分にし、その後別の容疑で再逮捕をする手段を講じることもあります。

捜査の状況によっては、不起訴でよかったと安心できるわけではありません。

不起訴は無罪ではない

不起訴だからと言って必ずしも無罪になったわけではありません。先ほども説明しましたが、起訴されれば99.9%有罪判決が下されます。

逆を言えば、そこまでの証拠がそろっているからこその起訴です。

捜査期間が足らず一旦不起訴処分になったとしても、まれに捜査が行われることもあります。起訴され無罪を勝ち取ったわけではりません。

不起訴で釈放された後は、謙虚な生活を心がけるべきです。

不起訴の種類

不起訴は主に次の3種類に分類されます。

嫌疑なし

捜査を行った結果、被疑者の掛けられていた容疑が間違いだった不起訴です。

犯罪の証拠がない状況や、あってはならないことですが間違えて警察が逮捕に及んだことなどがこれに当てはまります。

誤認逮捕ならば、被疑者から被害者になるほどのこと、これは無罪放免の状況です。

嫌疑不十分

嫌疑はあるがそれを立証するに足りる証拠が勾留期限までに集まらなかった不十分な状況です。検察は99.9%有罪にできなければ、起訴を断念します。

先ほどの嫌疑なしと異なり、無罪放免の状況ではありません。ただし、嫌疑不十分で釈放されれば、同じ罪で逮捕されることはなくなります。

起訴猶予

起訴をしても有罪にするだけの証拠はそろったが、被疑者の境遇を鑑みて今回は不起訴が相当と検察官が判断した状況です。

例えば、被害者がいるが示談が成立し被疑者への処罰を求めていない、犯罪を認め更生する可能性が高いと判断されたときに利用されます。多くの不起訴処分は、この起訴猶予による釈放です。

不起訴は前科がつかない最後のチャンス?

不起訴処分は前科がつかない最後のチャンスです。起訴されれば、99.9%有罪判決がなされ前科持ちになります。

ただし被害者がいる場合で不起訴を得るためには、その罪を認めなければ可能性は低いです。被疑者がどうしても認めたくないと言われれば示談すら成立しません。

しかし、その信念を貫き起訴後の裁判で無罪を勝ち取れば晴れて無罪放免です。

また、否認を貫くことで、嫌疑不十分になるかもしれません。大切なのは、自分の意見を変えないことです。

起訴と不起訴の関係は、どちらが被疑者にとっていいのかはわかりませが、不起訴を勝ち取る方が、今後の社会生活を考えると有利になります。

警察から送検をされた場合は、速やかに弁護士に依頼をし、不起訴を得るための行動を起こしましょう。それが社会復帰をするための近道です。

投稿日: